勝負台だけが全てじゃない!



タイムテーブル ↓
00:00  オープニング ~ 余計なアレコレ
02:40  Zeus Lightning / Red Tiger 開始!
03:07  Atlantis Rising / Spin Play 開始!
08:57  最高配当 獲得!
13:48  Joker Pro / NETENT 開始!
14:19  Vikings Berzerk / Yggdrasil 開始!
14:26  Nothen Sky / Quickspin 開始!
14:49  Beat The Beast Quezatcoatl's Trial /
           Thunderkick 開始!
15:01  Book of 99 / Relax Gaming 開始!
16:38  Neptunes Fortune Megaways / isoftbet 開始!
16:58  Court of Hearts / Play'n Go ~居眠り開始!
17:26  ザコ起きる
18:15  Razor Shark / Push Gaming 開始!
24:00  締め
41:06  リザルト


You Tube の概要欄 転載

前回と同じく10機種を打ちましたが、
時間はだいぶ短くなりました。

ファーストヒットをさらって終了…
となる機種が多くみられますが、
これが私の日常なのです。

今回の見どころは…

ザコの寝落ち負けでしょうか。。。

早速やってしまいました (*_ _)zzzz

その後の展開としてよくあるのは
負け分を取り返すために挑んだ
長期戦でエラー負けとなり、
心機一転 日を改めて挑んだ勝負は損切り...

資金が減った状態で平行線が続き、
大きく勝ったところで入金額に元通り。

こんなことを繰り返しながら
「負けなくて良かった」
という着地点に満足する心構えを
養ってきたのかもしれません。

ラッキーで大勝利を掴むことより
平行線を維持し続ける術を身に付けたほうが
破産耐性は強くなります。

「そこに楽しさはあるのかい?」
と聞かれても考え方は人それぞれでしょう。

誰かの真似をするよりも
「自分なりの楽しみ方を探る過程をも楽しむ」
これが理想的だと思います。

ここに注目!

Wild x16

高倍率の配当を獲得した場面としては
サメの500倍コインが一番の見せ場ですが、
私が一番 伝えたい内容という面では
最後に話している「機種別の向き合い方」
というのが今回の主役になると思います。

「勝負台として失格 = 打つ価値ない」
という 誰にでもできる安易な判断ではなく、
遊び台として どう向き合っていくかのかを
各機種ごとに定めておくことが重要なのです。

勝負台 = 厳選して絞るもの
遊び台 = 向き合う姿勢を定めて増やすもの

上手く操れる機種を増やすためには
適応する意欲があるかどうかで決まります。

全ての機種で同レベルの戦果を期待するのは
間違いであり 絶対に不可能なので、
各機種に見合った利益と勝負の周期を
事前に計算した上で楽しむのが理想的です。




関連記事